HOME > 新着情報 > 信夫心燈塾

2011.07.30

東日本大震災から学んだこと 本年度第二回目 共育版「信夫心燈塾」 

平成23年7月16日(土)本年第2回目の
共育版「信夫心燈塾」が開催されました。
本来、4回目になる筈でしたが、震災の影響で
開催ができず、ようやく再開する事ができました。

当社からは9名が参加し、商いの基本であり、
信夫心燈塾の目的に立ち返った勉強をしました。

講師の渡辺先生の富岡町の自宅及び
南相馬市の事務所が被災され、福島市内に居を移しての再始動でした。

今回の講義では東日本大震災から学んだこととして、
「試算表に載らない資産」と言える良縁への感謝や、
震災の様な被害から立ち上がれる人のタイプについて
熱心にお話しいただきました。

生きる事と働く事は共通に、誰かの役に立つ事なのだ
という基本や「過去への感謝と未来への責任」という
普段は意識し難い事まで
気付かせていただいた 勉強会でした。

上記のPrevNext をクリックすると
写真が順にご覧頂けます。

試算表に載らない資産
当社では社員の人格を高める事がお客様への最大のサービスであると考えています。自らの気付きを大切にして学び続けています。共育の継続